CentOS(RedHat系)にて、MySQLデータ保存先を変更する方法

下記は、MarkerChatのログを一部加工したものです

マーカー部分やアイコンをクリックすると当該コメントにスクロールします

MarkerChat管理者 2014-10-04 21:57:11

0. service mysqld stop
1. /etc/my.cnf 編集
2. /usr/lib/mysql 移動
  mv -pR /var/lib/mysql/* /data/mysql
3. SELinuxモード確認
  getenforce
4. enforcingモードの場合
4.1 semanage fcontext -a -t mysqld_db_t "/data/mysql(/.*)?";
4.2 restorecon -R -v /data/mysql
5. PHPの場合、/etc/php.ini修正
6. service mysql start

MarkerChat管理者 2014-10-04 22:00:02

my.cnf

[mysqld]
datadir=/data/mysql
socket=/data/mysql/mysql.sock

MarkerChat管理者 2014-10-04 22:02:55

/var/lib/mysql

/data/mysql

MarkerChat管理者 2014-10-04 22:02:55

/var/lib/mysql/mysql.sock

/data/mysql/mysql.sock

MarkerChat管理者 2014-10-04 22:02:55

以下を追加
[client]
socket=/data/mysql/mysql.sock

MarkerChat管理者 2014-10-04 22:00:02

getenforce

レスポンス
 Enforcing・・・enforcingモード
 Disabled ・・・permissiveモード

*/etc/selinux/configを直接参照し確認する事も可能です。

MarkerChat管理者 2014-10-04 22:00:02

semanage

whereis semanageにて、コマンド有無確認
無い場合
 yum install policycoreutils-python

MarkerChat管理者 2014-10-04 22:00:02

phi.ini

mysql.default_socket = /data/mysql/mysql.sock
mysqli.default_socket = /data/mysql/mysql.sock
pdo_mysql.default_socket= /data/mysql/mysql.sock
※ デフォルトでは、何も設定されていませんが、/var/lib/mysql/mysql.sockです。

MarkerChat管理者 2014-10-04 22:02:55

/data/mysql/mysql.sock

© markerchat.com 2013-2015